東林間駅西口の歯医者 東林間駅前歯科の小児矯正

img01.JPG

ワイヤーを使わない!
~ 3歳から始められる受け口の治療 ~

 

Q.反対咬合(受け口)って何?

下の前歯が上の前歯よりも外側に(前方に)並んで生えてしまう事があります。これを反対咬合と言います。
乳歯でも永久歯でも、前歯においては上の歯が下の歯よりも外側に(前方に)並んでいるのが正常な咬み合わせです。しかし、顎の大きさや舌の癖、遺伝的要素などの様々な要因により、前歯が反対咬合で生えてくることがあります。一般には受け口ともいわれ、食べ物を咬みにくかったり、審美的に気にされる方も多いです。

 img02.jpg

Q.こどもの反対咬合はどうしておこるの?

そもそも受け口の原因は遺伝的な顎の形だけではありません。
歯の位置は、唇(くちびる)と舌の力のバランスに影響されます。
舌は歯を外側へ、上唇と下唇は歯を内側へ押しています。

 img03.jpg

img04.JPG

この力のバランスが崩れると、受け口が生じます。

img05.JPG

Q.ムーシールドはどんな装置?

形はマウスピースに似ています。3歳~11歳の小児に適応され、主に睡眠時に、口腔内に装着します。着脱が簡単で、ワイヤー固定なども行わないので、口腔内も清潔に保てます。

 img12.JPG

Q.ムーシールドはどうやって反対咬合を治すの?

img06.JPG

ムーシールドを装着すると、
①舌を装置の受け皿部分にのせることで、舌圧が上の前歯の裏側にかかるようになります。
②上唇と上の前歯の間に装置が入り込むことで、上唇の圧力を制御します。
③下唇の圧力はそのままです。
これにより、上の前歯は外側へ(前方へ)、下の前歯は内側へ(後方へ)と移動する力が働き、
上の前歯が下の前歯を乗り越え、正常な咬み合わせになります。

Q.ムーシールドのメリットは?

ワイヤー矯正・床矯正のように歯に強い力をかけることはないので、痛みは生じません。
シンプルな形の装置で、着脱が簡単で安全です。歯みがきも、普段と同じように行えます。
それぞれのお子様のペースに合わせて、無理なく使用して頂けます。

img08.png

Q.いつ始めるのがいいの?

3歳から適応になりますが、本人の協力が得られやすいのは4歳ごろからが多いです。乳歯列の時期から始めることが効果的です。乳歯が正常に咬合していることで、永久歯も正常に生えてくる可能性が高まります。とくに前歯が永久歯へ生え変わる(6~7歳)よりも前に開始できることが望ましいです。

img09.JPG

Q.お値段は?

装置の料金:5万円+税
装着後の調整料は頂いておりませんが、一か月に1回は健診に来ていただき、 むし歯の有無なども含めて、経過を拝見させて頂きます。

img07.JPGimg10.JPG

どうぞお気軽にご相談ください。

img13.png

img11.JPG